よねづクリニックからのお知らせ

よねづクリニックについて

 当院院長である米津昌宏は、医療法人米津会最初の施設である「米津老人保健施設」の施設長を15年間務めました。その中で「病気や障害を抱えても、できる限り住み慣れた地域で必要な医療・介護を受けながら自分らしい生活を送りたい。そして、身近な人に囲まれて自宅で最期を迎えたい。」そんな高齢者の方々の気持ちに触れるたびに、医療をはじめ看護・介護・リハビリ・栄養指導など様々なサービスが、施設だけでなく在宅でも提供できたらという思いが次第に強くなりました。そこで、平成25年6月に在宅療養支援診療所の「よねづクリニック」を開設しました。
 当クリニックは、高齢者の方々が住み慣れた自宅で老後を安心して過ごしてもらえるよう、在宅医療を中心に地域の医療に貢献したいと考えております。

在宅療養支援診療所とは

 自宅療養をされる方のために、その地域で主たる責任をもって診療にあたる診療所のことです。「よねづクリニック」は、東海北陸厚生局の認可を得た施設のひとつとして、在宅医療を支えることができるよう、必要に応じて他の病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション等とも連携し、24時間体制で医療を提供いたします。

当クリニックは、
西尾市民病院 地域連携協力医院・安城更生病院 登録施設・碧南市民病院 地域連携協力医院です。
また、西尾病院あいちリハビリテーション病院と協力・連携しています。